公正証書遺言を作成するための診断書(証明書)

遺言公正証書を作成する予定なのですが、公証センターから事前に診断書を提出するようにいわれました。病名を記載する、名前を言うことが出来る、の出来る出来ないのチェックなら、医師に任せても良いと思います。ただ、この診断書には「当院において治療中であるが、意思表示が明確にでき、判断能力に問題がないことを証明する。」「なお、遺言又は契約など自己の財産を単独で管理・処分する能力を有しているものと認められる。」と記載されています。この診断を医師に求めるのは、酷というか、特に高齢者に関しては出来ないのではないか、そもそも医師の仕事ではないと思います。

Willingness to prepare notary deed.A medical certificate must be submitted to the notarization center in advance.I think that the doctor can check the illness name and the ability to say the name.This medical certificate states, “We are in treatment at our hospital, but we can prove that our intention is clear and there is no problem in our judgment ability.” “In addition, we will manage and dispose of our own property such as wills or contracts independently. It is recognized as having the ability to do. ”I think it’s not the doctor’s job to ask a doctor to make this diagnosis for the elderly.