(株)おおぎみファームの解散

 


平成 25 年4月9日
各 位
会 社 名 株式会社 オ オ バ 代表者名 代表取締役社長 大場 明憲 (コード:9765、東証第2部) 問合せ先 取締役新規事業推進部長 渡邉 丈士 (TEL.03-3460-0111)
子会社設立に関するお知らせ
当社は、平成 25 年4月9日開催の取締役会において、下記のとおり、沖縄県に子会社を設
立することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.子会社設立の目的
当社は、新規事業領域への参入及び安心・安全な新鮮野菜を供給するため、以下の子会社を設立することといたしました。

2.設立子会社の概要
(1) 商号 株式会社おおぎみファーム
(2) 本店所在地 沖縄県国頭郡大宜味村字塩屋 1306-3
(3) 代表者役職・氏名 代表取締役 渕上 浩一 (株式会社オオバ 新規事業推進部) (4) 事業内容 野菜工場の管理運営及び野菜の販売等
(5) 資本金 10 百万円
(6) 決算期 3月 31 日
(7) 設立年月 平成 25 年5月1日(予定)
(8) 出資比率 株式会社オオバ 80%出資 株式会社オオバクリエイト 20%出資 (注)株式会社オオバクリエイトは、当社が 95.4%を出資する連結子会社であります。
3.日程
(1)取締役会決議 平成25年4月9日
(2)設立年月日 平成25年5月1日(予定)
4.今後の見通し 本件に関する当社の当期業績への影響は軽微であります。今後、開示すべき事項が発生した 場合には速やかにお知らせ致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リーフレタスで年間80万株の出荷が可能な県内最大規模の植物工場が10月、大宜味村で稼働する。

工場を運営するのは「おおぎみファーム」(渕上浩一社長)で7日、同社の設立会見が同村塩屋湾外の埋め立て地・結の浜にある企業支援賃貸工場であった。ミネラル分豊富な大宜味村の湧き水を活用し、水耕栽培と化学肥料を使わないプランター栽培を行う。就労支援として、正社員・臨時社員15人中11人は障がい者を雇用する。
 「おおぎみファーム」は総合建設コンサルタントの「オオバ」(東京、大場明憲社長)グループが100%出資した。会見には大場、渕上両社長、島袋義久大宜味村長、名護市で障がい者自立支援事業を行い、臨時社員を派遣する「エスペレ」の濱畑直哉社長が出席した。
 渕上社長によると、約1300平方メートルの工場内に8段×12列の栽培棚を3室設ける。当面は水耕栽培2、プランター1の割合で葉野菜を中心に手掛ける。化学肥料が不要なプランター栽培では、同社が研究した改良土壌を使う。
 ホテルやスーパーなどへ野菜の安定供給を図り、年間売り上げ1億円を目指す。渕上社長は「県内で生産されていない野菜を含め小規模飲食店の要望にも応じたい」と話した。
 同社の入居で結の浜の賃貸工場は全て埋まった。島袋村長は「自然の恵みであり、大宜味の財産である水を活用し、『大宜味ブランド』の野菜が世界に発信されることを願う」と話した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成 29 年4月 13 日
会社名
株式会社 オ オ バ
代表者名 代表取締役社長執行役員(CEO) 辻本 茂
(コード:9765 東証第1部)
問合せ先 常務取締役執行役員企画本部長(CFO) 西垣 淳


子会社の解散及び清算に関するお知らせ

当社は、平成29年4月13日開催の取締役会において、当社の連結子会社である株式会社おおぎみファームを解散及び清算することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

1. 子会社の解散及び清算の理由
当社は、グループ経営投資の最適化を鋭意進めております。こうしたなか、不採算事業や将来性の見込めない事業からの撤退を検討した結果、同社を解散し、清算することとしたものであります。
2. 解散する子会社の概要
(1) 名 称 株式会社おおぎみファーム
(2) 所 在 地 沖縄県国頭郡大宜味村字塩屋1306-3A棟2号
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 西垣 淳
(4) 事業内容 野菜工場の管理運営及び野菜の販売等
(5) 資 本 金 10百万円
(6) 設 立 年 月 日 平成25年4月26日
(7) 大株主及び持株比率 当社:80.0% 近畿都市整備株式会社:20.0%

(8)
上場会社と当該会社との関係
資本関係
当社は当該会社の発行済株式総数の100.0%に相当する 200株(間接保有分40株を含む。)を保有しております。
人的関係
当社取締役1名が同社社長を、当社監査役1名が同社監査役を、当社社員2名が同社社員を兼務しております。
取引関係
記載すべき事項はありません。
関連当事者への該当状況
当社連結子会社であります。

(9) 最近3年間の経営成績及び財政状態
決算期 平成27年3月期


平成28年3月期

平成29年3月期(予定)
純 資 産 △93,630,519円 △180,536,814円 △257,874,976円
総 資 産 183,173,020円 154,121,343円 95,796,916円
1 株 当 た り 純 資 産 △468,152円 △902,684円 △1,289,374円
売上高 5,284,051円 17,996,370円 19,446,409円
営業利益 △76,775,544円 △89,476,871円 △48,047,940円
経常利益 △79,974,658円 △86,173,931円 △38,102,949円
当期純利益 △80,044,658円 △86,906,295円 △77,338,162円
1株当たり当期純利益 △400,223円 △434,531円 △386,690円
1株当たり配当金 0円 0円 0円


3. 解散及び清算の日程
平成29年4月13日 当社取締役会における当該子会社の解散及び清算決議
平成29年4月中旬 株式会社おおぎみファームにおける臨時株主総会解散決議 平成29年7月末日 当該子会社清算結了(予定)


4. 解散に伴う損失額
株式会社おおぎみファームの解散に伴う追加損失は、当該子会社が保有する固定資産の減損損失であり、当第3四半期連結決算の修正後発事象として76百万円の特別損失を計上済であります。

5. 今後の見通し
当社は当該子会社に対する貸付金及び出資金については、既に会計上の引当及び評価減を実施済です。従って、当社連結及び単体の売上高、営業利益、経常利益、及び当期純利益に与える影響は軽微であると考えております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


従業員約10名は、村が公募する次の入居企業に雇用を要請。
要請は誰が行うのでしょうか。

3年で目途が立たなければ撤退と決められていたのかもしれませんね。
土壌改良の実績を今後も活かしていくのでしょうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
琉球新報2013年8月8日、2017年5月10日
(株)オオバHP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「解散」
【年月日】株主総会の決議により解散

「役員に関する事項」
「資格」清算人
「氏名」【氏名】

「役員に関する事項」
「資格」代表清算人
「住所」【住所】
「氏名」【氏名】

解散公告
 当社は、平成○年○月○日開催の株主総会の決議により解散いたしましたので、当社に債権を有する方は、本公告掲載の翌日から二箇月以内にお申し出下さい。
 なお、右期間内にお申し出がないときは清算から除斥します。
 【平成 年 月 日】

  【本店所在場所】

      【商号】
      代表清算人 【氏名】


「登記記録に関する事項」
【平成 年 月 日】清算結了