法令 判例 通達 個別先例

法令は、法律と命令で法律は国会、命令は行政が決める。

判例は、裁判所が決める。現在も有効なものを指すのが一般的。

通達は、法令の行政解釈の基本を示すもの「今後このような取り扱いをします。変更になった点はここで、注意する点はここです。」

個別先例は、法令・通達に当てはめるのが難しい個別の事件に対して、処理するための基準を示したもの。