家族信託って聞いたら投資の話と思いますよ。


最近、マーケティングの専門家に相談させていただく機会がありました。
相談というか、結果的にはアドバイスを聞くだけでほとんどこちらから何か言う機会はなかったのですが。
 マーケティングの先生は、県の事業に関わる仕事をしており、銀行で講師をしていらっしゃる方です。
その方が「家族信託って聞いたら、普通の人は投資の話だと思いますよ。」とおっしゃいました。
そう思いますか?
「生前相続とか、そういう言葉を使わないと読む人が分からないですよ。」といわれ、生前相続って何だろと思いながら、頷いていました。
また、事務所で作成した家族信託の小冊子の中身・内容を見て欲しいという、本来の相談の目的を伝えたところ、パラパラめくって、「こういうのは弁護士や士業がよくやるパターンですね。」とおっしゃいました。
また、「予防法務って何ですか?」と質問されて、先生はパソコンに打ち込み、「2013年ごろに少し使われたみたいですね。」とおっしゃいました。
マーケティングの専門家の皆さんがこんな感じではないと思いますが、色々な見方があるんだなと思いました。