公証センターで聴こえた「登場人物」

 信託契約書を公正証書で作成してもらうために公証センターへ行ってきました。

その際、職員が「えーと、登場人物は・・・」と1人で確認しているのが聞こえました。

 私はあまり使わないのですが、「登場人物」ってここまで広まっているのか、信託といえば登場人物なのか、などと考えていました。

 最初に登場人物という言葉を使ったのは誰だったかなぁ。たぶん司法書士の河合保弘先生だったような。